2005年12月17日

番組ガイド:「ローリング20」「マンハッタン・スキャンダル」

rexreason.jpg Roaring20TVG.jpg

「ローリング20」The Roaring Twenties は、1960年にABCから放映され、日本では1961年にTBSから放映された60分記者ドラマで、後に「マンハッタン・スキャンダル」と改題された。制作したワーナーブラザースにはジェームズ・キャグニーが主演した原題が同じギャング映画『彼奴は顔役だ! 』があるが直接の関係はない。時代背景は「アンタッチャブル」より少し前の1920年代、ギャング同士の抗争が激化する禁酒法下のニューヨークを舞台に取材に奔走する社会部記者スコット・ノリスと芸能部記者パット・ギャリソン、シューヨーク市警のジョー・シトルスキー警部補の活躍とナイトクラブの歌手ピンキー・ピンカムとの恋模様を描いている。スコット・ノリス役を「鉄拳児アダム」やSF映画『宇宙水爆戦』のレックス・リーズン、ピンキー・ピンカム役を「アラスカンズ」のドロシー・プロバインが演じている。

CAST:
スコット・ノリス(レックス・リーズン):阿木五郎→外山高士
パット・ギャリソン(ドナルド・メイ):近藤洋介
ピンキー・ピンカム(ドロシー・プロバイン):仁木祐子
ジョー・シトルスキー警部補(マイケル・ロード):田口計


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。