2005年05月28日

番組ガイド:「名犬ロンドン物語」「名犬ロンドン」

hobo001 hobo003.jpg

hobomovie 映画『The Littlest Hobo』のポスター

1958年の映画「The Littlest Hobo」の大ヒットを受けてカナダで制作されたのが「名犬ロンドン物語」「名犬ロンドン」The Littlest Hobo である。カナダ・アメリカでは1963年から放映され、日本でも同年に日本テレビ系で放映された30分の冒険ドラマである。1980年にテレビ東京で放映された「名犬ロッキー」The Littlest Hobo はカラーのリメイク版にあたる。"Hobo"とは貨物列車に無賃乗車し、あちこちを気ままに旅しながら季節労働をしていた人達のこと。正義を愛するジャーマン・シェパード犬のロンドン(本名)が、特定の人間に仕えず放浪生活をおくり、ヒッチハイクをし、列車にただ乗りしながらあちこちで事件に遭遇し、弱き者を救っていく物語である。コメディ風あり、サスペンスタッチあり、アクション編ありのバラエティに富んだ物語が展開する。困っている人を助けたり、犯人を追いつめたりして、関わりあった難事を解決し、別れも告げずいつのまにか街を去っていく。ラッシーは家に帰ればティミー少年が待っている。リンチンチンも砦には騎兵隊仲間が待っていてくれる。でもロンドンには誰も待ってはいない。いつも一匹で生きていく哀愁のヒーロー犬である。当時のアイドル歌手=田辺靖男が歌った日本語主題歌♪[さすらい]は、年代に応じて歌詞も曖昧だったりするが、懐かしさとせつなさがこみ上げてくる名曲である。放映当時にはソノシートなどが出ていたようであるが今では入手困難で、ネット上で聴くことができるのはムーンライダーズによるカバーバージョンである。

hobo002

日本語版主題歌♪[さすらい]

見知らぬこの町 さまよい来れば
はるかな思い出 胸によみがえる
友を求めゆく 旅ははてなき さすらい

あの町この町 幸せはいずこ
一夜の宿りか いつまでか知らず
今は歩むさだめ 休むはてなき さすらい
 
またも続けゆく 旅ははてなき さすらい
我がさすらい

カナダ版主題歌は曲自体は同じですがTV版のエンディングで流れるのが映画版の歌詞になっていました。

映画版主題歌

Looks like we're comin' into town.
Seems like this train is slowin' down.

Can't help but wonder what's in store.
Could be I've been here once before.

A-driftin'. The world is my friend.
I'm travlin' along the road without end.

Ridin' these rails town to town.
Sometimes I think I'll settle down.

But I know I'd hunger to be free.
Rovin's the only life for me.

A-driftin'. The world is my friend.
I'm travlin' along the road without end.

TV版主題歌♪[ROAD WITHOUT END]

I find adventure everywhere,
And friends with whom I'd like to share.

This is my stop along the way.
Don't really know how long I'll stay.

Stop over. The world is my friend.
Stop over along the road without end.

ビデオ&DVD情報:
hobodvdcoverad
「The Littlest Hobo : TV Series Collection Vol.1」
1963年のモノクロ版12エピソードを収録した「名犬ロンドン物語」コレクション1(アメリカ盤DVD)
[Trouble in Pairs]
 (in color)
[Silent Witness]
 (in color with opening title sequence and closing credits in black and white),
[Honored Guest]
 (in color with opening title sequence and closing credits in black and white),
[Double-Cross]
[Die Hard]
[One, Last Rose]
[Cry Wolf]
[Come Next Fall Session]
[Blue Water Sailor]
[Chico]
[Honor Ranch]
[The Great Manhunt]
日本で放映された第1話[声なき目撃者]の原題が[Silent Witness]でした。ひき逃げ犯をじわじわとコロンボみたいに追いつめていくロンドンの活躍が面白いです。吹替も字幕もありませんが海外ドラマファンなら画面を見ているだけで理解できると思います。amazon.comではR1と表記されていますが、amazon.co.jpではリージョンフリーとなっており、普通のDVDプレーヤーやパソコンで問題なく再生できます!
「The Littlest Hobo」
1963年のモノクロ版から[Death At 5 P.M.]と[Little White Liar]の2エピソードを収録(アメリカ版VHS)


posted by Rambaldi at 20:23| Comment(18) | TrackBack(0) | 番組ガイド:動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
渡り鳥シリーズかあ、確かにそうかもしれませんね。でも錠さんどこにいるの?(これがわかる人はおじさん、おばさんですね(笑))。名犬ロンドンのラストシーンはこんな風だったかもしれませんね。確かに犬が人だったらキンブル先生になりますよね。
Posted by 秋田犬ロンドン at 2004年05月09日 11:39
はじめまして、子供の頃見た、テレビドラマで、なんというドラマだったか、どうしても、思い出せず、googleで「海外 テレビ ドラマ 犬 シェパード」で検索をかけたら、一件目でヒット。
長年、わからなかったドラマの題名がわかった上、ファンの方がいるとわかりとても嬉しいです。
 主題歌「さすらい」(はじめて歌の題を知りました。(^_^))は今でも口ずさんでしまいます。
 ぜひ、第一話から、最後まで見たいのですが、きっと、無理でしょうね〜。
Posted by チャウチャウロンドン at 2004年06月17日 09:51
チャウチャウロンドン様

本日、番組ガイド:「名犬ロンドン物語」に写真と本国版オリジナル主題歌を追加しましたのでお楽しみください。もう40年以上前の作品ですが、ロンドンは私たちの心のペットなのかもしれません。1963年版はかもしれませんがリメイクの「名犬ロッキー」は見れるかもしれませんね。もっとも主題歌は違いますけど。
Posted by ランバルディ at 2004年06月17日 17:08
ランバルディ様
 レス、ありがとうございます。
 懐古人さんの掲示板も見て来ました。
 日本テレビは、名犬ロンドン物語をDVD化する事はないのでしょうか?この頃、復刊ドットコムのように、署名が集ると廃刊になった書籍を出版者と交渉して再版するよう働きかける組織もあるようですので、名作のDVD化をみんなで日本テレビに働きかけられるといいですね。
Posted by チャウチャウロンドン at 2004年06月19日 15:08
始めまして、名犬ロンドン子供の頃に夢中になってみた覚えがあります。

さすらい♪の歌には後一行続きがあるように記憶しているのですが…

友を 求め行く 旅は 果て無き さすらい

今は 歩みとどむ 旅は 果て無き さすらい

では無いでしょうか…

老婆心までに、メールいたします
Posted by 雅也 at 2004年06月25日 00:07
雅也 様

ありがとうございました。写真をクリックして歌を聴いてもらえれば歌詞はわかるんで...実はインターネットで歌詞を全部書いちゃうといろいろとマズいらしいので...それでいて、英語の歌詞は全部載せてるんですけどね(笑)
Posted by ランバルディ at 2004年06月25日 01:08
ワーイ!名犬ロンドンが見られるならリージョンフリーのDVDプレーヤー買っても惜しくないですね、もちろん主題歌の♪[さすらい]は流れないでしょうが・・・
Posted by チャウチャウロンドン at 2005年01月20日 12:22
もし日本で「名犬ロンドン物語」のDVDが出るときには、日本テレビの倉庫に眠っている放送当時の日本語版音源で作ってほしいですね。
Posted by Rambaldi at 2005年01月20日 12:28
本当に大好きだった名犬ロンドン、この記事に巡りあってカナダ版DVDも買って、英語ですが小学生二年の娘と見て楽しみました。もう絶対見ることなどできない、はるか40年前の幼少の思い出と思っていましたが、ネット情報のありがたさ。改めて作品の素晴しさに感激しました。勿論娘もロンドンが大好きになりました。そして、主題歌。日本語の歌が聴きたいです。
Posted by 勘太夫 at 2005年04月13日 21:19
涙は出てこなかったけどロンドンが元気そうでよかった(笑)列車に乗るときはどうしてるのかなあ?
Posted by 名犬ロンドン1号2号 at 2005年05月29日 23:03
DVDに収録されたエピソードに汽笛を聴いたロンドンが駅に向かって走って行き、動き始めた列車の貨車に飛び乗る場面がありました。ロンドンは発車の汽笛かどうかもわかるらしい。
Posted by Rambaldi at 2005年05月29日 23:29
名犬ロンドンいっしょうけんめい、さがしてみましたが?カナダ版主題歌だけ、配信されてました。日本語版は、やっちんが歌ってたこともわかりました。今でも口ずさんでます・・・。
一番は歌えますが、2番の歌詞教えてくれる方いましたら、おねがいします。
見知らぬこの町、さまよいくれば、はるかな思い出、むねによみがえる。友を求めゆく。旅はあてなし、さすらい・・・・!
Posted by だっくす at 2006年05月29日 13:27
子供の頃、名犬ロンドンが良い飼い主にめぐり合って、今度こそ幸せに暮らせると思ったら又、旅に出て行ってしまう「お願いだから、どうか幸せになりますように」と涙を拭きながら「名犬ロンドン」の主題歌を聴いていました。子供の頃の私は、いつか自分も名犬ロンドンとどこかで逢う事を想像し「日本版名犬ロンドン」がその当時には、あっち、こっち、にいて、私達に自然に情操教育をしてくれていたと思います。今日、弟も私もこの主題歌が大好きで、懐かしく聴きました。
Posted by 名犬ロンドン大好き at 2006年10月23日 00:31
 はじめまして、私、小学校低学年頃「名犬ロンドン」をTVで見ていました。
DVDの時代になってあのドラマが見たいという思いが強くあります。
日本語版主題歌♪[さすらい]そうかーこういう詩だったのかーと懐かしく思います。
話が変わりますが、amazon.com を見ましたが
DVDの「 Littlest Hobo TV Series 1と2 」が
2007年4月24日発売になるそうです。どちらも$5.99です。
米国版DVDなので音声に日本語がないと思いますが、早速予約注文しました。
待ちどうしいなァ。
Posted by 中年ロンドン at 2007年03月23日 22:48
インターネットはすばらしいですね!
こんなに詳しく教えてくださってありがとうございます。
ずっと探していました。名犬ロンドン♪
猫しか飼っていませんでしたが、このロンドンだけは愛着があり自分のうちの犬のような気持ちになりました。
名犬ロンドン大好きさんとまったく同感です。

小学生の低学年で、せつない気持ちを初めて感じたのはこのロンドンだったでしょう。
だから主題歌を口ずさむ度に郷愁に似た感情が出るんですね。私も海外版だけでもゲットして身近にロンドンを置いておきたいなあ。
今は猫3匹、犬9匹いるけど(笑)
日テレさん、再放送を熱望します!
Posted by くみや at 2007年10月01日 21:15
labを飼うことになっつて名前を考えていたとき名犬ロンドンのことを思い出し調べてみると〜   今まで誰も知らなかっつたのに 映像から歌まで〜感激で…まさに.今蘇るです。
Posted by yutaka at 2013年04月24日 19:00
 ラストシーンは大事ですね。ラストがイイと、また来週も見ようと思います。人気番組は皆ラストがイイです。
Posted by キャバクラ・ロンドン at 2013年06月18日 23:46
名犬ロンドン物語の「魔女の住む屋敷」の内容を
覚えています。

旅の途中ロンドンは、ある田舎町で住民から魔女と呼ばれみんなから嫌われて一人孤立した老婆を見かける。その屋敷へ無理やり身というか本能的にを寄せる。

頑固でひねくれた老婆は初めは嫌っていたロンドンに心を少しずつ開き始め昔話を言って聞かせロンドンも大人しく聞いている。

ある日、町に悪いことが次々と起きたとき住民みんなはあの屋敷の魔女の老婆のせいだと殴り込みをかけるが
ロンドンは老婆の無実の証拠をくわえて住民の誤解を示し、人々は立場なくなりその老婆に謝罪し今度家に老婆を招待したいと言い出す。老婆も笑顔で招待を受ける。
 いまでは愛犬のあの犬のおかげと、、、、例によりロンドンは呼びかけに一度ふりかえるも去ってゆく。
Posted by MOZU at 2014年06月20日 15:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。