2004年05月05日

番組ガイド:「ピンクパンサーショー」

  
「ピンクパンサー」は今年が誕生40周年でスティーブ・マーチンがクルーゾー主任警部に扮する『ピンクパンサー』の新作映画も注目されている。「ピンクパンサー」が日本に初めてお目見えしたのは映画『ピンクの豹』のタイトルバックであるが、その後TV用に独立して番組になったのが The Pink Panther Show である。「ピンクパンサー」The Pink Panther とクルーゾー風の警部がドタバタする「警部でゴジャール」The Inspecter のアニメ2本の組み合わせであった。番組自体は未放映であるが、日本では大橋巨泉が司会したフジテレビの「巨泉にまかせろ」というバラエティ番組のピンクパンサーのコーナーで「ピンクパンサー」のみが放映された。番組終了後は同局の洋画劇場の放送時間穴埋め用に使われている。その後キャラクタービジネスとして成功し映画『ピンクパンサー2』へつながっていくのである。

「警部でゴジャール」はローカル局で放映されている。


posted by Rambaldi at 12:43| Comment(1) | TrackBack(2) | 番組ガイド:アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして、末代までの恥と申します。『警部でゴジャール』を扱ってる方がいらっしゃるとはオドロキでした。森卓也『アニメーションのギャグ世界』とう本を読んで、その中で取り上げられていたので、blogの記事を書いていたところ、偶然、こちらのblogを発見し、トラックバックを打たせていただきました。ちょっと長文ですが、思い出したエピソードなどにも触れていますので、お役に立てば幸いです。
Posted by 末代までの恥 at 2004年07月07日 21:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

●6/9「ピンクパンサー」シリーズがついに全作品BOX登場
Excerpt: ピンク・パンサー フィルム・コレクション ピンクパンサー誕生40周年を記念してついにDVDが初リリースされました。 ピーター・セラーズ主演の実写版5作を一挙に収録した『ピンク・パンサー フィルム・コ..
Weblog: Kuranosuke-Cinemainformation
Tracked: 2004-06-09 08:14

[読書][アニメ]『アニメーションのギャグ世界』
Excerpt: 熱帯夜のおかげで、寝しなの読書のはかが行くのは、なんか本末転倒のような。 タイトル:『アニメーションのギャグ世界』 筆者:森卓也 出版社:奇想天外社 ワーナーやMGMのキャラクターから、日本のモデル..
Weblog: Poo-Poo Diary
Tracked: 2004-07-07 21:12
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。