2004年12月23日

番組ガイド:「痛快!自動車野郎」「素晴らしき自動車野郎」 

bearcats003 bearcats000

「痛快!自動車野郎」Bearcats! は1914年のアメリカ南西部を舞台にトラブルシューターあるいは傭兵と呼ばれるハンク・ブラケットとジョニー・リーチが自動車ベアキャット号を駆使して活躍する冒険アクションドラマである。日曜洋画劇場枠で放映された「トレイン・ジャック〜荒野の大列車強盗」Powderkeg がパイロット版TVムービーにあたり、1971年9月からCBSで放映されたが暴力番組追放のあおりを受けて13本で終了してしまう。日本ではフジテレビ系で3話のみ放映されて打ち切りという不運な番組である。ローカル局では「素晴らしき自動車野郎」とタイトル変更されて放映されている。ベアキャット号はフェンダーの上に機関銃を備えた特製自動車である。1914年当時まだ珍しかった自動車に機関銃を付けた傭兵稼業という凝った設定が面白く、ベアキャット号にも人気が集まった。同時期スタートの「保安官ニコルス」にはオートバイも登場している。冒険アクションドラマとしたが"新西部劇"を模索した時期でもありウェスタンのジャンルに入れているサイトもある。主演はヒッチコックの『鳥』のロッド・テイラーと「特捜刑事サム」のデニス・コール。

bc0010002 bear0001 bear0002 bearcat9

サブタイトル(英語):
Powderkeg(pilot)
01.The Devil Wears Armor
02.Ground Loop at Spanish Wells
03.Dos Gringos
04.The Feathered Serpent
05.Hostages
06.Conqueror's Gold
07.Blood Knot
08.Assault on San Saba
09.Bitter Flats
10.Tiger! Tiger!
11.The Big Gun
12.The Return of Estaban
13.Man in a Cage

CAST:
ハンク・ブラケット(ロッド・テイラー)
ジョニー・ブラケット(デニス・コール):納谷六朗

ビデオ&DVD劇場:
この記事へのコメント
ありがとうございます。インターネットでも「痛快!自動車野郎」の番組はごくわずかなので参考になりました。あの本人のサイン入り写真がほしいです!テーマ曲もすごくなつかしかったです、動画があればもっとうれしいけど・・・スーパーチャンエルでもAXNでもいいから放送してほしいです。
Posted by 熊猫号 at 2004年05月09日 11:14
 この番組は、あるドラマが出演者の不祥事か何かで打ち切られ、穴埋めに放送されたものでした。
 確か、後番組が「どてらい男」と、全く対照的でした。
 どうも外国TV映画は、特に70年代以降は、このように穴埋め番組化されてしまったのは残念でなりません。
Posted by クエール at 2004年08月03日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。