2004年05月06日

番組ガイド:「幽霊探偵ホップカーク」

 
「幽霊探偵ホップカーク」Randall and Hopkirk (Deceased) はデニス・スプーナーとモンティ・バーマンによるITC制作のユーモラスな探偵ドラマです。1969年9月からイギリスのITVで放映、日本ではフジテレビ系で放映、アメリカでは My Partner the Ghost のタイトルで放映されています。私立探偵マーティ・ホップカークが行方不明事件を調査中にスピードを上げた車によって殺されます。しかし物質界の中に偶然に閉じ込められた彼は幽霊として存在することになります。彼の姿は相棒のジェフ・ランドールにしか見えません。未亡人となったジーンへの愛は完全なまま、幽霊と未亡人と相棒のロマンチックな三角関係の中で物語は展開します。時としてパートナーが幽霊だと都合のいいことも(鍵がいらない、盗み聞き可能等)もあります。仕事上では口論や喧嘩もしますが深い友情は幽霊と人間であっても保たれています。ホップカークが"ユーレーイ"とつぶやいて相棒の前に出現するシーンは毎回笑ってしまいます。
   
CAST:
ジェフ・ランドール(マイク・プラット):穂積隆信
マーティ・ホップカーク(ケネス・コープ):愛川欽也
ジーン・ホップカーク(アネット・アンドレ):真山知子

2000年には若干の設定変更をしたリメイク版 Randall and Hopkirk (Deceased) が制作されています。オープングタイトルもテーマ曲も素敵ですが、さて肝心の中身は?
 


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。