2005年05月29日

番組ガイド:「特攻ギャリソン・ゴリラ」 

ggs001.jpg ggs002.jpg ggs0033.jpg

「特攻ギャリソン・ゴリラ」Garrison's Gorillas は1967年にABCから放映され、日本では1968年にテレビ朝日で放映された60分の戦争アクションドラマである。第二次大戦下のヨーロッパ、連合軍情報部はアメリカ陸軍のギャリソン中尉をリーダーとする極秘の特殊作戦部隊(ドイツ軍占領地区に潜入しての諜報活動や破壊工作など危険な任務を行う)を編成した。メンバーはアメリカの連邦刑務所に服役している4名の囚人たちで、いずれも20年以上刑期を残す札付きの犯罪者たちである。彼らは命がけの任務と引き換えに大統領特赦を得ることを望んだのだ。"アクター"は上品な物腰でフランス語,ドイツ語をあやつり人をだますペテン師である。"アパッチ"はアメリカインディアンでナイフ投げの名人、冷静な判断力と素早い行動力を持つ殺し屋である。"イタチ"は下町育ちで茶目っ気があり、暴力は大嫌い、スリと泥棒が専門である。"カジノ"はギャング出身で気は荒いが金庫破りと爆薬の専門家である。リーダーのギャリソン中尉は頭の回転が早く腕っぷしも強く、特殊作戦部隊のリーダーであり4人のゴリラどもの"看守"でもある。イギリスにある秘密基地から出動して銀行襲撃や砲台爆破、名画の奪取など危ない任務の最中でも中尉を出し抜くことを考え、ドイツ軍の上前まではねようとする犯罪者根性が笑える。映画『特攻大作戦』The Dirty Dozen のTVシリーズ版といわれ「コンバット」のセルマープロが制作しているので戦闘シーンや爆破のシーンは迫力がある。

ggs1.jpgggs2.jpgggs3.jpgggs4.jpgggs5.jpg

CAST:
ギャリソン中尉(ロン・ハーバー):田口計
アクター(チェザーレ・ダノーバ):森山周一郎
アパッチ(ブレンダン・ブーン):中田浩二
イタチ(クリストファー・ケリー):内海賢ニ
カジノ(ルディ・ソラリ):渡辺猛
ナレーター:大木民夫


posted by Rambaldi at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ガイド:戦争・軍隊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。