2005年03月17日

番組ガイド:「秘密捜査官オハラ」 

OHaraTitle.jpg oharaatf.jpg ←ATFのロゴ

「秘密捜査官オハラ」は O'Hara, U.S. Treasury は、日本テレビで放映されたパイロット版TVムービー「空中大追跡/エアライン・コネクション」O'Hara, U.S. Treasury: Operation Cobra からTVシリーズ化され、1971年にCBSから1シーズン放映され、日本では1972年にTBSで放映された60分のアクションドラマである。財務省ATF秘密捜査官ジム・オハラ(デビッド・ジャンセン)が身分を偽装して犯罪組織への潜入捜査を行う物語である。ATF(アメリカ アルコール・煙草・火器取締局)は財務省に属し、暴力犯罪の阻止、火器に関わる税金の徴収、公共の安全などを主な業務とし、アルコール、タバコ、火器、爆発物、放火に関する連邦法の執行を他の機関と協力して行っている。プロデューサーのジャック・ウェッブは実際の記録から番組をつくるタイプなので、ここでもATFの捜査記録をベースに脚本が書かれ、本物のATF捜査官のアドバイスを受けて撮影されている。秘密捜査官といえども政府の役人なので逮捕する場面も正確で丹念に描いており見ていて役所のPR映画みたいであった。リアリティにこだわるのが悪いわけではないが、番組の面白さはリアリティだけではない。主人公のキャラクターと演技が視聴者に受け入れられるどうかも重要な要素である。パイロット版ではネブラスカの保安官ジム・オハラが火事で家族を亡くし、残りの人生は国への奉仕とばかりに財務省捜査官に応募し、訓練を受けて初めての潜入捜査を行うエピソードが描かれていた。デビッド・ジャンセンの魅力は"孤独""哀愁"といった要素なのだが、ジム・オハラという人物はそれほど魅力的とも思えなかった。

ohara001.jpg

CAST:
ジム・オハラ(デビッド・ジャンセン):睦五郎(パイロット版は土屋嘉男)
ナレーター:矢島正明


posted by Rambaldi at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ガイド:捜査官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。