2005年02月07日

プレミアテレビ:「スケアクロウとキング夫人」 Scarecrow and Mrs. King 

sak001.jpg sak003.jpg sak002.jpg

「Scarecrow and Mrs. King」は、「探偵レミントン・スティール」や「こちらブルームーン探偵社」と同時期の1983年〜87年までCBSで放映された60分のスパイアクションドラマです。アマンダ・キング夫人(ケイト・ジャクソン)は離婚して2人の息子と母親と一緒にすんでいる普通の主婦です。リー・ステットソン(ブルース・ボクスレイナー)は暗号名を"スケアクロウ"という政府の秘密諜報機関のエージェントです。アマンダは旅の途中で敵側エージェントから逃げているリーを助けます。重大な情報を含んでいるパッケージを巡ってアマンダとリーと何度も危険な目に遭遇します。リーにとってアマンダの存在が不可欠なものとなったとき、リーの上司ビリー・メルローズ(メル・スチュワート)は、アマンダに諜報機関への協力を依頼します。しかし、主婦と国際スパイの二重生活は母親のドティ(ビバリー・ガーランド)や息子たちの目もあって大変です。そこで、諜報機関の隠れ蓑となっているインターナショナル・フェデラル・フィルム・カンパニーという映画会社の仕事として世界を飛びまわることになります。アマンダとリーのロマンスはどのように発展していくのか...「チャーリーズ・エンジェル」のケイト・ジャクソンと「バビロン5」のブルース・ボクスレイナーが共演したロマンス,コメディ,アクションが一杯詰まったドラマです。

sak004.jpg

Cast:
Amanda King (Kate Jackson)
Lee Stetson "Scarecrow" (Bruce Boxleitner)
Dotty West (Beverly Garland)
Billy Melrose (Mel Stewart)
Francine Desmond (Martha Smith)
Phillip King (Paul Stout)
Jamie King (Greg Morton)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

歴史の影。秘密諜報網”TO”とは何か・・梟の朝「起」
Excerpt: 第二次世界大戦中の日本の諜報機関”TO”について扱いました。
Weblog: 日本一小さい歴史書店
Tracked: 2004-06-26 22:26
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。