2005年04月30日

番組ガイド:「インベーダー」 

iv001.jpg invaders1.jpg iv003.jpg 
iv004.jpg iv005.jpg iv002.jpg

「インベーダー」The Invaders は、1967年にABCで放映され、日本では1967年にテレビ朝日系で放映された60分のSFサスペンスドラマである。建築家デビット・ビンセント(ロイ・シネス)は仕事の帰り道に偶然に円盤の着陸を目撃し、宇宙からの侵入者=インベーダーの地球侵略を知った。宇宙人の陰謀を力説しても証拠がなければ警察も信じてはくれない。改造機によりインベーダーは人間に姿を変え、一般市民はおろか、警官や政治家にもなって社会に身を潜めている。人間と思って油断すればビンセント自身が危なくなる。彼らの改造技術は完璧ではなく小指が曲がらなかったり、奇形の者も多い。身体も不死身ではなく銃で撃たれたり、車にはねられると燃えて消えてしまう。全米各地で発生する奇妙な事件や円盤の目撃地点はインベーダーが何かを画策している場所に違いない。ビンセントはインベーダーの陰謀を世界へ知らしめる一方、彼らの侵略計画の妨害をはかっていく。彼の孤独な戦いはいつまで続くのか...。「インベーダー」はQMプロが初めて制作したSFドラマであり、主人公の名前をデビッド・ジャンセンに似せたビンセントにしたり、インベーダーを追い、また追われるといったあたり「逃亡者」を意識したつくりになっている。放映当時はインベーダーの円盤やスキャナーガンなどSF兵器や特撮場面に話題が集中した。ドミニク・フロンティアが作曲した不気味なテーマ曲がサスペンスを盛り上げていた。ピーター・グレーブス,アン・フランシス,J・D・キャノン,スザンヌ・プレシェットなど有名スターがゲスト出演している。シリアスな芝居を得意とするロイ・シネスにはまさに適役であり、吹き替えも露口茂氏の抑えた演技がたいへんマッチしていた。「エンタープライズ」のスコット・バクラが主演し、ロイ・シネスが特別出演している後日談的なミニシリーズ「インベーダー」が制作されている。

CAST:
デビット・ビンセント(ロイ・シネス):露口茂
ナレーター:加藤和夫

DVD&ビデオ情報:
「インベーダー1」字幕
「インベーダー2」字幕
「インベーダー3」字幕
〜TVシリーズのビデオ(国内版VHS)廃版
「インベーダー 1stステージ」字幕
「インベーダー 2stステージ」字幕
「インベーダー 1stステージ」吹替
「インベーダー 2stステージ」吹替
〜ミニシリーズのビデオ(国内版VHS)廃版
invadersvhs.jpg 「The Invaders」(アメリカ版VHS)




posted by Rambaldi at 03:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組ガイド:SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このインベーダー鹿児島県では南日本放送で毎週木曜日午後11:46から放送されたが尻切れトンボで途中で終わってしまった。最近ebayで購入して全43話観ることが出来たが、これまた英語との格闘である。早く完全DVDBOX版が出て欲しいものである。こういうサイトがあることが嬉しく感じる。
Posted by 田中俊太郎 at 2005年10月16日 18:26
デビッド・ビンセントの名前は、当時人気のあった『逃亡者』のデビッド・ジャンセンと、『ベン・ケーシー』のビンセント・エドワーズから頂いたと言われています。両方ともファースト・ネームなのでよく考えると変ですが、日本人なのであまり違和感は感じませんでしたね。
最も有名なゲスト・スターは、当時は無名だったジーン・ハックマンでしょう。
ちなみに、日本で発売されたビデオは全6巻でした。

Posted by たゆう at 2007年04月22日 14:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。