2004年06月27日

番組ガイド:「忍者ジョン&マックス」 


「忍者ジョン&マックス」The Master は、1984年にNBCで放映され、日本では1985年にテレビ東京で放映されたNINJAアクションドラマ。第二次大戦後から日本に留まっていたアメリカ空軍のジョン・P・マッカリスター大佐は、忍者道場での長く厳しい修練修業に励んでいた。やがて、免許皆伝を許され、証のペンダントを授与される。門下生に報酬をもらい忍者の技を使った暗殺を引き受ける者がいる噂をきいた。それはオーカサが率いる凄腕の暗殺忍者軍団であった。アメリカで実の娘が生きていると知ったジョンは帰国を決意する。ジョンを追って忍者軍団もまた、アメリカに向かう。アメリカに着いたジョンは、バーでのケンカでベトナム帰りの青年マックスと知り合う。ジョンは忍者の技を教え、マックスはアメリカ社会への案内をする条件で2人はジョンの娘を探す旅に出る。2人の行く手には、ジョンが持つペンダントを狙うオーカサと忍者軍団の姿があった。壮絶な忍者同士の戦いが始まる。NINJA映画ブームに乗って制作されたTVシリーズで、設定や物語を真面目にとらえず(おかしな技や変な日本語多し)気楽にNINJAアクションを楽しむのがよい。NINJAアクションといってもNINJA映画の域を越えるものではないが、忍法指導もショー・コスギが担当している。ショー・コスギが登場すると悪役ではあっても動きはいいし画面がしまる。ただし、相手とからむ場面では、スタントマンの動きにショー・コスギが合わせておりスピードが落ちる。ショー・コスギが登場しないエピソードは番組の存在意味もないのである。

ショー・コスギは全日本空手選手権で優勝し、伊賀忍法の修行を経験し、マーシャルアーツの試合で連勝記録をもつアクションスター。悪役出演の『燃えよNINJA』がヒットし、全6作品に出演し日本人初の100万ドルスターになった。リー・バン・クリーフは映画『夕陽のガンマン』『西部悪人伝』などでおなじみの西部劇スター、ティモシー・バン・パタンは『処刑教室』などに出演している。ゲストもデミ・ムーア(!)やJ・D・キャノン,ダグ・マックルア,ジョージ・マハリス,スチュワート・ホイットマン,デビッド・マッカラム,ジョージ・レーゼンビーらが出演している。テンポのいいテーマ曲はビル・コンティが作曲している。
CAST:
ジョン・P・マッカリスター(リー・バン・クリーフ):納谷六朗
マックス(ティモシー・バン・パタン):井上和彦
オーカサ(ショー・コスギ):秋元羊介

ビデオ&DVD:国内版VHS「ザ・忍者マスター」全6巻(13話)が発売されている。
 ←Master Ninja(アメリカ版VHS)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。