2005年04月13日

番組ガイド:「プロテクター電光石火」「華麗なる諜報」

protectors01.jpg protectors02.jpg

「プロテクター電光石火」The Protectors は、1972年にITV1で放映され、日本では1972年に日本テレビ系で第1シーズン、1975年にテレビ東京で第2シーズンが「華麗なる諜報」のタイトルで放映された30分のスパイアクションドラマである。プロテクターはいかなる政府,企業,個人からも独立して存在し、世界各国にメンバーを持つ民間の諜報機関である。彼らは要人警護,宝石護送,盗難品回収,行方不明者捜索,産業スパイ摘発,亡命,脱獄など危険な依頼に対して完璧に処理していく。思いがけず事件に巻き込まれる時もあるがプロテクターはその能力を発揮して危機を切り抜ける。リーダーの"プロテクター1"ことハリー・ルールは沈着冷静なプロフェッショナルで料理が趣味でロンドン在住。"プロテクター2"ことキャロライン・ディ・コンティーニは骨董品や絵画に詳しい伯爵夫人でローマ在住。"プロテクター3"ことポール・バチェットは自由を愛すフランス人の青年でパリ在住。スキはハリーの秘書で柔道の達人、チノは伯爵夫人の運転手で空手の達人である。

protectors03.jpg protectors04.jpg

ジェリー・アンダーソンにとって「謎の円盤UFO」に継ぐライブアクション物となった本作は、30分という時間枠でスパイアクションの面白さを集約するため、プロらしさが前面に出るようシナリオ上でも演出の上でも無駄な描写や余分な会話が抑えられ、さらに編集カット数も多くなっているのである。その結果テンポのあるドラマになっているのだが、ついていけない視聴者も出てくる。キレた金持ちのドラ息子を蒸発させるキャロラインと連れ戻す依頼を受けたハリーの追跡行,交通事故にあったと見せかけてハリーらを騙す話,細菌兵器を持ってロンドンに潜伏する博士を捜索する話,目が見えなくなったポールをハリーの声マネで騙す話など面白いエピソードもあるのだが、30分では物足りないというのが本音である。ハリー・ルール役は「0011/ナポレオン・ソロ」のロバート・ボーン、キャロライン・ディ・コンティーニ役は映画『呪われた墓』のニリー・ドーン・ポーター、ポール・バチェット役は「スペース1999」のトニー・アンホルト、スキ役は『007は2度死ぬ』のナガズミ・ヤスコが演じている。

protectors09.jpg
 
CAST:
ハリー・ルール(ロバート・ボーン):矢島正明
キャロライン・ディ・コンティーニ(ニリー・ドーン・ポーター):藤波京子
ポール・バチェット(トニー・アンホルト):野田圭一 
スキ(ナガズミ・ヤスコ)
チノ(アンソニー・チン)
ナレーター:浦野洸

DVD&ビデオ情報:

The Protectors - Season One (アメリカ盤DVD)


posted by Rambaldi at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組ガイド:スパイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エド・ビショツプが狂った空軍の兵士を演じたエピソードや、八リーを狙う殺し屋が自分のアリバイ作りの為に同じ車両に乗り合わせてた女性を口説いて残酷に振ったり、ハリーの別れた妻子が出てくるエピソードが記憶に残っています。
Posted by ブラックケンケン at 2004年08月31日 20:40
ポール役のトニー・アンホルトがカッコイイ!!
活躍する場面が少なかったのは残念だったけど…。
Posted by さかさなまず at 2012年08月18日 23:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。