2005年01月30日

番組ガイド:「ヒッチコック劇場」「ヒッチコック・サスペンス」「ヒッチコック劇場86」

ahp000.jpg ahp001.jpg

「ヒッチコック劇場」 Alfred Hitchcock Presents はサスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックが制作総指揮とストーリーテラーを担当した30分のサスペンスアンソロジーである。1955年9月にCBSでスタート、途中からNBCに移って1962年6月まで266エピソード(1エピソードのみ60分)が放映された。日本では1957年に日本テレビ、後にTBSから放映された。オリジナルシナリオと有名作家(コーネル・ウールリッチ、フレデリック・ブラウン、ヘンリー・スレッサー、ジョン・コリア、レイ・ブラッドベリー、ロアルド・ダール、ロバート・ブロックなど)の作品をブラックユーモアとツイストのきいたヒネリを盛り込んで映像化しており、ロバート・アルトマン、リチャード・ドナーらが演出している。ヒッチコック自身は19エピソードを演出しており、[復讐]というエピソードは...夫カールの留守中に何者かに暴行された妻エルザ。二人で犯人を探し始める。"あの男よ"エルザが云った男をカールは鉄の棒で叩き殺した。その帰り道に別の男を見てエルザは云った"あの男よ"...その他[生と死の間][酒蔵]など。ゲストはスティーブ・マックィーン、チャールズ・ブロンソン、ロバート・レッドフォード、ピーター・ローレ、ロバート・デュバルなど豪華である。冒頭とラストのヒッチコック登場場面は吹き替えの熊倉一雄の話し方がヒッチコックの風貌とぴったり合って評判になった。番組のトレードマークと云えるヒッチコックのシルエットとテーマ曲♪[あやつり人形の葬送行進曲]は有名である。

ahp002.jpg ahp004.jpg

1962年6月に終了した番組は60分に拡大され、同年9月からCBSで「ヒッチコック・サスペンス」 The Alfred Hitchcock Hour として復活、途中からNBCに移り1965年5月まで54エピソードが放映され、日本では1963年にフジテレビで放映された。ジョアン・ハリスンとノーマン・ロイドが制作総指揮にまわり、ヒッチコックは引き続きストーリーテラーを担当した。今回はコーネル・ウールリッチ、エラリー・クイーン、H・G・ウェルズ、レイ・ブラッドベリー、ロバート・ブロック、ヘンリー・スレッサー、リチャード・レビンソン&ウィリアム・リンクらの作品が映像化された。シドニー・ポラック、ウィリアム・フリードキンらが演出し、ヒッチコックの演出作は1話のみである。ヒッチコックは冒頭と中盤とラストに登場しており、吹き替えは当初は三島雅夫だったが後に熊倉一雄にもどっている。

ahp003.jpg

「ヒッチコック劇場86」 Alfred Hitchcock Presents (1985) は、1985年5月に4エピソード構成のパイロット版が放映され、同年9月からNBCで放映がスタートし、途中からUSAネットワークに移って1989年7月まで4シーズン放映された。日本では1986年にテレビ東京で第1〜第2シーズンが放映された。「ヒッチコック劇場86」は旧作「ヒッチコック劇場」「ヒッチコック・サスペンス」で人気のあったエピソードをリメイクした30分のサスペンスアンソロジーである。「ヒッチコック劇場」「ヒッチコック・サスペンス」のエピソードがすべて日本で放映されたわけではない。シナリオには現代の世相に合わせた変更がなされ、旧作のモノクロのヒッチコック登場シーンはコンピューター処理でカラー化して挿入している。吹替はもちろん熊倉一雄が担当しており、まさに甦る《ヒッチコック劇場》である。近年、CSやBSでは《ヒッチコック劇場》として60分版の「ヒッチコック・サスペンス」が放映されているが、ヒッチコックが制作総指揮から降りたことや彼自身が短編小説的なツイストやオチを好むことからも、本来《ヒッチコック劇場》のテイストは30分版の「ヒッチコック劇場」にあるのではないだろうか。

番組国内サイト:
HANDMADE
http://members.jcom.home.ne.jp/geshicchi/index.htm
Alfred Hitchcock Presents Home Page
http://www.enjoy.ne.jp/~ayahiro/hitch/hitchtv.html

ビデオ&DVD情報:
ヒッチコック劇場傑作選「「生と死の間/神よ許し給え」【字幕版】
 (国内版VHS)
ヒッチコック劇場傑作選「兇器/亡霊の見える椅子」【字幕版】
 (国内版VHS)
ヒッチコック劇場傑作選「酒蔵/バアン!もう死んだ」【字幕版】
 (国内版VHS)
ヒッチコック劇場傑作選「女性専科第一課 中年夫婦のために/ベラム氏の事件」【字幕版】
 (国内版VHS)
ヒッチコック劇場 第一集Alfred Hitchcock Presents Box Vol.1 (国内版DVD)
[生と死の間][ペラム氏の事件][酒蔵][もうあと一マイル][賭][神よ許し給え]収録
ヒッチコック劇場 第二集Alfred Hitchcock Presents Box Vol.2 (国内版DVD)
[兇器][亡霊の見える椅子][女性専科第一課 中年夫婦のために][毒蛇][殺人経験者][バアン!もう死んだ]収録
ヒッチコック劇場 第三集Alfred Hitchcock Presents Box Vol.3 (国内版DVD)
[復讐][雨の土曜日][越してきた人][黄金のセダン][事故死構成法][渇き]+[狂神の炎](ボーナスエピソード)収録
ヒッチコック劇場 第四集Alfred Hitchcock Presents Box Vol.4 (国内版DVD)
[完全なる犯罪][アルプスの悲恋][会葬者][脱税婦人][悪徳の町][指]+[ひき逃げを見た](ボーナスエピソード)収録
新・ヒッチコック劇場 (国内版VHS)
「ヒッチコック劇場86」の [指][バァン! もう死んだ]ほか収録


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。