2006年03月28日

番組ガイド:「おかしなおかしな女の子」

「おかしなおかしな女の子」The Ugliest Girl in Town は、1968年にABCから放映され、日本では1969年にTBSから放映された。タレントエージェントのティモシー・ブレアは、撮影地のロンドンでひょんな事でヒッピー姿で女装したところ、英国ファッション界の新星と騒がれ、人気モデルとなってしまう。兄のジーンから"今さら男でしたと云えないから当分女でいろ"と指示されたティモシーは、ある時はカリスマモデル、ある時はスターの卵の女の子を口説くタレントエージェントとして駈けずりまわるおかしな騒動を描いた30分コメディである。

CAST:
ティモシー・ブレア(ピーター・カストナー):愛川欽也
ジーン・ブレア(ゲイリー・マーシャル):広川太一郎
posted by Rambaldi at 14:37| Comment(3) | TrackBack(0) | 番組ガイド:コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
オープニングの曲が大好きで、しかもストーリー設定が面白くて当時5歳のわたしは、すっかりとりこになっていました。 

だれも覚えていないようなので、歴史から消えてしまったかと思い心配しました!

《むっしゅばらばら》より好きでしたが、いつの間にか終わってしまい、最終回を観たハズなのに未だすっきりしません。
男とばれないままに終わったのですよね?
 
オープニングのナレーションによると、
「ヒッピーの格好をして写真を送ったら
女の子と間違えられた」のでは?

5歳だったので記憶違いかな?


Posted by Mizuo at 2007年09月24日 23:20
あれは最高でした。
Posted by at 2015年04月17日 12:04
そんなある日兄貴に頼まれて撮ったヒッピースタイルの写真、これがなんとロンドンへ。     「こりゃまたゴキゲンな女の子。気に入った。売り出しましょう。」
Posted by hv2 at 2015年04月17日 12:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15621969

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。