2005年09月19日

番組ガイド:「名犬ラッシー」「森のラッシー」「新名犬ラッシー」

lassie04.jpg lassie0001.jpg lassie02.jpg lassie02.jpg

「名犬ラッシー」 Lassie は、エリック・ナイトの原作を若きエリザベス・テーラーやロディ・マクドウォールで映画化した1943年のMGM作品『家路』から始まった。1947〜50年までラジオドラマとして放送され、1954〜71年までCBS、71〜74年までシンジケーション局で放映され、日本では1957年からTBSで放映されている。「名犬ラッシー」は賢いコリー犬ラッシーと飼い主の家族との絆を冒険とともに描いたファミリー向けの30分動物ドラマである。当初は「Jeff's Collie」のタイトルでスタートしており、第1〜第3シーズンは農村で暮らすジェフ少年と母親エレン、祖父ジョージのミラー家のラッシーの物語である。第4シーズンからは「Timmy and Lassie」のタイトルで、孤児院を抜け出したティミー少年を助けたラッシーとティミーの養父母となるマーチン夫妻の物語となり、第5シーズンから母親役が「宇宙家族ロビンソン」のジューン・ロックハートに交替した。

lassie05.jpg

第8シーズンはマーチン一家がオーストリアに移住するため、ラッシーは森林警備隊のコーレイ・スチュワートに預けられ「森のラッシー」(海外タイトルは「Lassie in the Forest」)とタイトルが変わり、森の自然と人々を守るラッシーの活躍が描かれた。以後1971年まで何度か内容変更が行われており、1973〜75年には「Lassie's Rescue Rangers」1989〜91年には「The New Lassie」1997〜98年には「Lassie」と引き続き新シリーズも制作されており、これらは「新名犬ラッシー」のタイトルで日本でも一部が放映済である。あまり知られていないが番組の魅力であるラッシーの名演技の陰には、シチュエーションに合わせてラッシーの鳴き声(悲しいクーンとか、心配そうなクウンとか)を担当したアニマルイミテーターの存在も不可欠だったようである。

CAST:
ジェフ・ミラー(トミー・レディング):北条美智留
エレン・ミラー(ジャン・クレイトン)
ジョージ・ミラー(ジョージ・クリーブランド)

ティミー・マーチン(ジョン・プロボスト):久松夕子
ルース・マーチン(クロリス・リーチマン)
ルース・マーチン(ジューン・ロックハート)

コーレイ・スチュワート(ロバート・ブレイ)

DVD&ビデオ情報
lassiemovie.jpg ←アメリカ版VHSのジャケット
「名犬ラッシー/ラッシーの大冒険(日本語吹替版)」(国内版VHS)廃版
気球に乗ってしまったティミー少年とラッシーがカナダの大森林地帯にたどり着く。広大な大自然の中、火をおこしたらり、弓矢を作って狩をしたりのサバイバル生活を始める。1963年のオリジナルキャストによる映画版のビデオソフトで吹替は新録音である。
posted by Rambaldi at 02:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ガイド:動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。