2005年04月10日

番組ガイド:「秘密指令S」「特命捜査官キング」

deps001.jpg deps003.jpg dps008.jpg

「秘密指令S」Department S は、1969年11月から日本テレビで放映された60分のアクションドラマで、制作国イギリスのITV1やアメリカのシンジケーション局よりも早く放映されています。原題の"Department S"はパリに本部を置くインターポール(国際刑事警察機構)の一部署で、解決困難な事件や国際陰謀を極秘に捜査する特別捜査官チームのことです。彼らが扱うのは、無人で着陸したジェット旅客機,宇宙服を着て発見された死体,わずかな時間にがい骨となったVIPなど通常の捜査方法では解決不可能な奇妙な事件ばかりです。

deps004.jpg deps005.jpg

deps006.jpg deps007.jpg

チームのメンバーは、イギリス人の犯罪小説家=ジェイソン・キング,アクション志向のアメリカ人=スチュワート・サリバン,美人でコンピュータのエキスパート=アナベル・ハーストから編成されている。ジェイソン・キングは、ベストセラーのスパイ小説"マーク・ケイン・シリーズ"で有名な犯罪小説家のプレイボーイです。キングのアプローチは"わが主人公マーク・ケインならどう対処するのか?"であり、作家的想像力にたずねるというものです。スチュワート・サリバンは脳細胞より筋肉を使って捜査することが得意な元FBI捜査官でセレステ卿との連絡係でもあります。アナベル・ハーストはコンピュータプログラマーとして情報を収集し分析しますが、捜査の現場にも出向きます。カーティス・セレステ卿は機密情報や政財界とのコネクションなどでメンバーをバックアップする部署の最終責任者です。日本語版ではキングに"中年"という仇名をつけたり、"かたじけない"などサムライ口調を使わせたり、広川太一郎がアテたサリバンには"カタチわるい"など台詞にも遊びが入っていました。「秘密指令S」は編成上の都合から18話で放映が一旦休止し、その後「特命捜査官キング」とタイトル変更されて残りの19〜28話が放映されました。「秘密指令S」は世界中で評判となり続編制作の要望もありましたが、制作会社はジェイソン・キングのキャラクターを単独でスピンオフした「作家探偵ジェイソン・キング」Jason King を制作しました。

サブタイトル:
「秘密指令S」
01.怪奇ロンドン空港
02.謎の闇から来た男
03.がい骨は生きていた!
04.華麗なる部屋の殺人鬼
05.女王陛下のプロスパイ
06.飛行機乗っ取りを阻止せよ!
07.金塊強奪事件
08.リスボンより愛をこめて
09.地下室の虐殺
10.ベイルートへ潜行せよ!
11.悪魔に襲われた村
12.私の妻は幽霊だった
13.毒ガス前哨戦
14.プロゴルファー殺人事件
15.行き先なしの切符
16.遠い国から来た暗殺者
17.死の最終列車
18.リモコン爆破作戦
「特命捜査官キング」
19.ハバマ名物カメの甲ら焼き
20.魚の中の10万ドル
21.ローマに咲いた悪の花
22.鏡はすべてを知っていた
23.テープが死を囁く
24.消えた私と死んだ私
25.脳手術に成功した陰に
26.悪い奴は2度死ぬ
27.全員死んだその時に…
28.秘薬

deps002.jpg 

CAST:
ジェイソン・キング(ピーター・ウィンガード):久松保夫
スチュワート・サリバン(ジョエル・ファビアニ):広川太一郎
アナベル・ハースト(ローズマリー・ニコルズ):池田和歌子
カーティス・セレステ(デニス・アラバ・ピータース):小林清志
ナレーター:大木民夫

DVD&ビデオ情報:
dpsdvd1.jpg
「Department S」Vol. 1 - Episodes 1 And 2(イギリス盤DVD)


posted by Rambaldi at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ガイド:捜査官 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。