2005年06月02日

番組ガイド:「ベン・ケーシー」

bencasey001.jpg bencasey003.jpg bencasey002.jpg

「ベン・ケーシー」 Ben Casey は、1960年にABCから放映された60分のメディカルドラマで、日本では1962年にTBSから放映された。♂(男) ♀(女)*(誕生)†(死亡)∞(そして無限)黒板に書かれたマークの説明から始まるオープニングタイトルが印象的であった。総合病院の脳神経外科の有能な医師であるベン・ケーシーは、学問的に優れているばかりではなく、妥協を嫌う正義感や医学への情熱から様々な障害にぶつかる。上層部との衝突、同僚医師や看護師とのトラブルなど病院特有のエピソードや麻酔医マギー・グラハムへの恋模様を描いている。先輩医師デビッド・ゾルバの指導のもと、外科医療の研究を行い、治療や手術を通してさまざまな患者の人生と関わっていく。いわゆるメディカルドラマの先駆けといえる番組でリアルな手術シーンなどは当時話題となった。ベン・ケーシー役にはビンセント・エドワーズが扮しており、女性ファンが多かった。1988年には55歳になったケーシーがかつての総合病院に戻ってくるリユニオン版TVムービー「帰ってきたベン・ケーシー」が制作されている。

CAST:
ベン・ケーシー(ビンセント・エドワーズ):滝田祐介 →細腕繁盛記
デビッド・ゾルバ(サム・ジャッフェ):宮口精二→七人の侍,湊俊一→魔神バンダー
マギー・グラハム(ベティ・アッカーマン):初井言栄,木村俊恵


posted by Rambaldi at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ガイド:医者・看護婦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。