2005年06月04日

番組ガイド:「ザ・テレビジョン〜ハリウッドスターこきおろし大会」

dmcr001.jpg dmcr002.jpg

dmcr003.jpg dmcr004.jpg dmcr005.jpg

「ザ・テレビジョン〜ハリウッドスターこきおろし大会」 The Dean Martin Celebrity Roast は、1974年から1984年まで11年間もNBCで放映された60分バラエティである。RoastMasterことディーン・マーチンが毎回ひとりのセレブ=ハリウッドスターを肴(原題だとロースト)にしてゲストに散々悪口を云わせて盛り上がる番組であった。例えばフランク・シナトラの回では『戦略大作戦』のドン・リックルズ、大統領になる前のロナルド・レーガン,『雨に唄えば』のジーン・ケリー,『裏窓』のジェームズ・スチュワート,「刑事コジャック」のテリー・サバラス,「Dr.刑事クインシー」のジャック・クラッグマン,「超音速攻撃ヘリ・エアーウルフ」のアーネスト・ボーグナイン,『市民ケーン』のオーソン・ウェルズ,「刑事コロンボ」のピーター・フォークなど豪華なゲスト陣がトンデモ話やアブナイ話、裏話から業界ネタでシナトラを徹底的にこきおろしていくのである。日本では1978年にテレビ東京から海外のスペシャル番組やTVムービーを放映していた「ザ・テレビジョン」の枠で「ハリウッドスターこきおろし大会」のタイトルで一部が放映された。こきおろされたセレブ=ハリウッドスターにはルシル・ボール,ジョニー・カーソン,ロナルド・レーガン,ベティ・デイビス,ヒュー・ヘフナー,ボブ・ホープ,テリー・サバラス,マイケル・ランドン,カーク・ダグラス,ジャック・クラッグマン,サミー・デイビスJr,アンジー・ディキンソン,Mr.T,デニス・ウィーバーそしてディーン・マーチン自身などがいる。一部としたのは「ザ・テレビジョン」が90分枠のため「ハリウッドスターこきおろし大会」は2回分をまとめて放映したのであるが、日本でも知られているスターの登場回は当然オンエアされたのであるが、なじみの少ないスターの登場回は放映されなかったからである。また「ハリウッドスターこきおろし大会」はフィックスつまりテレビの洋画劇場で彼らをアテていた声優諸氏が映画さながら吹替を担当したことでも話題になった。洋画劇場で聴きなれたスターの声なので安心できるというか観ていてとても楽しめた。フランク・シナトラの回ではごらんのようになっていた。

ディーン・マーチン:羽佐間道夫
フランク・シナトラ:家弓家正
ジーン・ケリー:柳沢真一
ジェームズ・スチュワート:北村弘一
オーソン・ウェルズ:富田耕生
ピーター・フォーク:小池朝雄
テリー・サバラス:森山周一郎
アーネスト・ボーグナイン:富田耕生
ドン・リックルズ:八奈見乗児

日本語版はもう存在していませんが、The Dean Martin Celebrity Roast のアメリカ盤DVDやアメリカ版VHSは現在でも入手可能です。

DVD&ビデオ情報:
 dmcrdmvhs.jpg
「The Dean Martin Celebrity Roasts: Dean Martin」(アメリカ版VHS)
〜ディーン・マーチンがこきおろされた第39回を収録
「Dean Martin Celebrity Roasts Collectors Edition 15 DVD Set」(アメリカ盤DVD)
〜全43回の中からのこきおろし傑作選を収録
この記事へのコメント
私もこれは見てました、面白かったですね。すごく豪華な面々による友情あふれた悪口オンパレードでしたっけ。ディーン・マーチンの回ではジョン・ウェイン:納谷悟朗、アンジー・ディキンソン:二階堂有希子だったと思います。
Posted by マット・ヘルム at 2005年06月04日 08:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4118157

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。