2005年06月18日

海外ドラマこぼれっ話:アイアンサイドのため息

昔は海外ドラマの放送中にドラマの音声が全く出ない→"そのまましばらくおまちください"のテロップ→タイムラグが発生し画面と声がずれる→英語音声のみが出たりといった送り出し装置のトラブルによる珍事が多かったのである。まだ音声多重(主音声/副音声)で放送していなかった時代、「鬼警部アイアンサイド」の放映時にもトラブルが起こり、数分間は英語音声のみで放送されたことがある。「鬼警部アイアンサイド」をご覧になっていた方はご存知だろうが、アイアンサイド警部は一瞬ため息をついてからしゃべり始めるくせがある。それまで何でため息をつくんだろうと思いつつ観ていたのであるが、初めてレイモンド・バーの英語音声を聴いてみたら、レイモンド・バー自身が台詞を云う際に一瞬ため息をついてからしゃべり始めていたのである。つまり、声優=若山弦蔵はレイモンド・バーの台詞まわしのくせまで完璧に吹替ていたのである。


posted by Rambaldi at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外ドラマこぼれっ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。