2005年06月19日

番組ガイド:「ディック・フランシス・ミステリー」

racinggame000.jpg racinggame001.jpg

「ディック・フランシス・ミステリー」は、[本命][興奮]など競馬シリーズで有名なイギリスのミステリ作家=ディック・フランシスの[大穴] Odds Against に登場した競馬専門の探偵シド・ハレーを主人公に1978年にヨークシャーTVが制作した競馬ミステリドラマである。このTVシリーズは、フランシス自身がストーリーコンサルタントをつとめ、原作の [Odds Against]とアイデアを提供した5本のオリジナルエピソード [Trackdown][Gambling Lady][Needle][Horses for Courses][Horsenap] から構成されている。シド・ハレー役にはシェークスピア俳優=マイク・グウィリムが抜擢された。マイク・グウィリムの演技に感動し、触発されたディック・フランシスは、1979年にシド・ハレー物の2作目[利腕]を発表した。[利腕] Whip Hand の献辞は俳優=マイク・グウィリムに捧げられている。イギリスでは1980年に放映された「ディック・フランシス・ミステリー」は、日本では1982年にNHKから放映されている。ハヤカワ書房の翻訳本タイトルが漢字2文字で統一されていたので、サブタイトルも[追跡][替玉]とセンス良く合わせたため、書店にはこれらの書名の問い合わせが殺到した。5本のオリジナルエピソードはフランシスの原作ではないので小説は存在しない。海外ドラマのガイドブックには「ディック・フランシス・ミステリー」のオリジナルタイトルを Dick Francis Mystery と表記しているが、これは間違いで正しくは Dick Francis - The Racing Game である。TVシリーズは障害レースの名騎手だったシド・ハレーが、レース中の落馬事故で左腕を骨折し、ジョッキーとして働けなくなってしまう。失意のハレーを妻の父チャールズが支え、友人のチコ・バーンズと共に競馬専門の探偵社を開業し、競馬界にまつわる陰謀や犯罪を追求していく設定になっている。

CAST:
シド・ハレー(マイク・グウィリム):寺田農
チコ・バーンズ(ミック・フォード)

DVD&ビデオ情報:

Dick Francis - The Racing Game (アメリカ盤DVD)



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4453755

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。