2005年08月14日

プレミアテレビ:「クォーターマス」

qm1001.jpgqm1002.jpg

qm2001.jpgqm2002.jpg

qm3001.jpgqm3002.jpg

qm4001.jpgqm4002.jpg

ナイジェル・ニールの脚本をBBCがミニシリーズでドラマ化したのが「クォーターマス」シリーズである。宇宙開発に携わっている初老の科学者バーナード・クォーターマスが、宇宙からやってくる怪物と対決するSFドラマである。1953年に「クォーターマス・エクスペリメント」The Quatermass Experiment が放映された。宇宙から帰還した探査ロケットには乗員3名の内、2名が行方不明、1名は身体に変調をきたしており入院する。実験の責任者であるクォーターマスの調査で、未知の宇宙生命体が乗員を襲い吸収していたことがわかる。病院を抜け出した宇宙飛行士は、吸収すべき獲物を求めてロンドンを徘徊する。SFとホラーが融合した「クォーターマス・エクスペリメント」は大変な話題となり、1955年にハマーフィルムが映画版リメイクを制作し、日本でも『原子人間』の邦題で公開された。1955年には第2作「クォーターマスU」Quatermass II が放映された。宇宙から飛来した小隕石に隠れたタール状の異星生物が徐々に人類を洗脳する。第2作も映画版リメイクが制作されたが日本では未公開のまま後年『宇宙からの侵略生物』の題名でビデオリリースされた。1959年には第3作「クォーターマスと穴」Quatermass and the Pit が放映された。ロンドンの地下鉄工事現場で発掘された奇妙な物体は昆虫型火星人の宇宙船であった。第3作は1967年に映画版リメイクが制作され、日本では『火星人地球大襲撃』の題名でTV放映された。「クォーターマスと穴」から20年後の1979年、完結編にあたる第4作「クォーターマス・コンクルージョン」The Quatermass Conclusion がITVから放映された。人間の生命力を常食とする宇宙人の陰謀にクォーターマス教授と電波天文学者ジョー・カップが立ち向かう。TVシリーズの1〜3はDVDやビデオでは見られないが、TVシリーズの4と映画版リメイクの3作品は観ることができる。

CAST:
1:Professor Bernard Quatermass (Starred Reginald Tate)
2:Professor Bernard Quatermass (John Robinson)
3:Professor Bernard Quatermass (Starred Andre Morell)
4:Professor Bernard Quatermass (Sir John Mills)

DVD&ビデオ情報:

『原子人間』(国内盤DVD)

『宇宙からの侵略生物』(国内盤DVD)

『火星人地球大襲撃』(国内盤DVD)

The Quatermass Conclusion(アメリカ盤DVD)


posted by Rambaldi at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組ガイド:サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。