2005年11月08日

番組ガイド:「フォー・ジャスト・メン」「正義の四人」

fjm001.jpg

映画『キングコング』の原作者エドガー・ウォレスが、1905年に発表した冒険小説[正義の四人] Four Just Men は、第二次大戦の戦友たちが戦後故国に戻って暮らしていたが、亡くなった元指揮官の遺言で社会の不正や悪を正すべく立ち上がり世界を舞台に活躍する物語で大変な評判となった。1939年には『The Four Just Men』(未公開)として映画化され、1959年にイギリス・アメリカ初の合作TVドラマとして30分冒険アクションドラマ「Four Just Men」が制作された。日本でも同年にTBSから「フォー・ジャスト・メン」のタイトルで放映(後に「正義の四人」と改題)されている。原作ではレオン・ゴンザレス,ポワカール,ジョージ・マンフレッドの3人に作戦によって違うメンバーが一人加わって4人となっていましたが、TVシリーズではロンドン在住の国会議員=ベン・マンフレッド,パリ在住の新聞記者=ティム・コリア,ニューヨーク在住の弁護士=ジェフ・ライダー,ローマ在住のホテルオーナー=リッコ・ポッカリの4人がメンバーでした。ただし、4人のうち一人が交代でエピソードの主役をつとめる「ネーム・オブ・ザ・ゲーム」や「プローブ捜査指令」のような放映形式をとっており、全員が顔を合わせるのは第1話だけである。

CAST:
ベン・マンフレッド(ジャツク・ホーキンス)
ジェフ・ライダー(ダン・デーリー)
ティム・コリア(リチャード・コンテ)
リッコ・ポッカリ(ビットリオ・デ・シーカ)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。